次のように、技術書典のテンプレートをそのまま使わせてもらいましょう。 原稿の部分だけをいれかえて使います

準備

次のスクリプト(コマンド3行)を実行してください

git clone https://github.com/TechBooster/C89-FirstStepReVIEW-v2
cd C89-FirstStepReVIEW-v2
sed -i s/1.15.3/2.2.11/ Gemfile.lock 

やっている作業の詳細は、 RE:VIEW環境をdockerで動かすを参照してください

C89-FirstStepReVIEW-v2ディレクトリに移動し

% sh build-in-docker.sh

を実行すれば、articles以下にpdfが作成されます

本の設定

以下、C89-FirstStepReVIEW-v2ディレクトリにいる前提で話を進めます

本の設定は次の2つのファイルです。 重要な点は太字の2ヶ所になります。

  1. articles/catalog.yml
    • 原稿のファイルと章立ての関係を設定するファイル
    • (複数人で執筆している場合) 担当する原稿のファイル名だけ決めて、そのファイルをひたすら執筆します。
    • 原稿は随時ソースコード管理システムに入れていってください。 他人は編集しない前提なので各自のペースでどんどん進めてください
  2. articles/config.yml
    • 原稿その物ではなく、組版や製本のためつまり最終工程のための設定です
    • 本のタイトルやサイズ(B5?,A4?)、 出力フォーマットの設定(印刷所への入稿前提なのか電子書籍なのか?)などを指定できます
    • (複数人で執筆している場合)ここはリーダ=編集者にまかせればok

リファレンス