ふつうの印刷プロセス(について勉強)

企画 -> 執筆 -> 校正 -> 組版 -> 製版 -> 印刷 -> 頒布
  • 執筆者は、テキストやワープロなどで編集さんに納品すると、 図なども加え、レイアウトされたものを作ります。 このレイアウト済みのPDFが送られてくるので、校正(まずは初校なおし)は、それに対して行います。 もう直接なおすことは出来ないので、訂正が必要なら訂正方法(指示)を送ることだけが可能です。 当然、この段階で大量の訂正は不可です(最悪レイアウトの組み直しになってしまう)
  • 上のレイアウト以降のプロセスは、 Adobe InDesign を使うのが業界のデファクトスタンダードです。 いわゆる組版(くみはん)のところになります
    • かつては InDesign の対抗製品 Quark なんとかいうのがあったそうですが、 InDesign のほうが優れていて消えていったらしいです
      • Quark ほげはレイヤー構造の実装がなかなか出来なかったとか…
  • カラー印刷の場合、色はCMYKの4色が前提です(RGBはモニタの話です)。 PCはRGB前提でCMYKではないため、印刷されると発色が異なる可能性が大です。 カラーの画像を用意するとき、はじめからCMYKなフォーマットを使うべきだそうです。 ただ、技術同人誌の場合、本文でカラーを使う可能性はほぼないので、 このへんの話は忘れていてかまいません

電子出版

  • アマチュアにInDesignは不要ですが、そうはいっても次の3つの形式は考えておきたいところです
    • 紙の出版(印刷所への入稿)
    • PDFでの配布(画面レイアウトは固定)
    • EPUBでの配布(画面レイアウトは可変、リフロー型)
  • 上の3種類の出力をあつかえるシステムを探すべきです
  • 技術書典のノウハウがそっくり提供されているので、 最初は、それを使うのがよいでしょう
  • 結論として「dockerでRE:VIEWを動かす」のがよいと思います
    • まるっとアプリ実行環境をいただける、dockerの正しい使い方と言えましょう
      • だってRubyとかnode.jsとか、ぐりぐりいじりたくないですもん;-)
    • RE:VIEWはASCII編集部のノウハウに起源があるそうで、 どうりで何となくTeX由来っぽい文法とか… そしてRE:VIEWはシステムの裏側がLaTeXなんですよね。 ここも(我々のようなロートルもとい熟練エンジニアには)おいしいところです。 いざとなればTeXのhackをすれば何とかなるんですね!っということが分かっているのは重要

リファレンス