AsiaBSDCon 2019 レポート

netbsd asiabsdcon BSD花見
0 Comments
Tweet

AsiaBSDCon 2019 のレポート(元はBSD花見2019(謎)のスライド)です。


そもそも AsiaBSDCon とは

  • *BSD Conference
    • EuroBSD (ヨーロッパ)
    • BSDCan (カナダ)
    • AsiaBSD (アジア)
  • BSDなら、なんでも歓迎
    • それどころか 2018 の基調講演が Linux Rump Kernel ネタって…
      (注: ちなみに Rump Kernel は NetBSD 発祥です)
  • インターネットぽく一般の人がメイン
    • 立場とか関係なくBSDの開発をしている人を歓迎
    • そのため大学の人は皆無です

印象 2017-2018

  • 2017
    • https://2017.asiabsdcon.org/
    • https://togetter.com/li/1084357
    • Free たくさん, Open ?, Net 3, Dragon 1
    • 論文セッションが3トラック並列で土日みっちり
    • めっちゃ人がたくさん
  • 2018
    • https://2018.asiabsdcon.org/
    • https://togetter.com/li/1206515
    • Free 12, Net,Open,Dragonそれぞれ 1
    • 論文セッションは2トラック並列
    • Bhyve (the BSD Hypervysor) 関連に偏ってる印象
      • Bhyve は FreeBSD で linux KVM に相当するもの
    • BhyveConがチュートリアルセッション(最初の二日)の裏で開催

印象 2019

  • https://2019.asiabsdcon.org/
  • https://togetter.com/li/1330031
  • Free 十数, Net 3, Open 0?, Dragon 0
  • 論文セッションは2トラック並列、BhyveConが前日に開催
  • 論文セッションの話題
    • けっこう、いろいろ(詳細はプログラムを参照)
    • トピックのBhyve一辺倒は無くなった感じ
    • Bhyveでサービスしているプロバイダとかもあるらしい
  • BSDの仮想環境
    • Bhyveの移植ではなくBSDそれぞれでそれぞれ進行中な印象
  • NetBSDの仮想化対応
    • ポーランドの kamil@NetBSD.orgが頑張ってる
    • qemuのNetBSD対応担当者もkamil@のはず
    • HAXMのNetBSD対応とか少し違う方向からBSD仮想化戦線へ参戦
      • Windowsまで普通に動きまする
      • pkgsrcにカーネルモジュール用意されました、さくっといけそう
    • お試しを!
  • ブースのガジェット
    • NetBSD/pinebook 安定可動、受注生産(w)
    • この小型プロジェクタが胸熱
      http://akizukidenshi.com/catalog/g/gK-13766/
    • twitterがレシートに印刷される件について

AsiaBSDCon 今後の予定

  • 2020
    • 東京
      • 2020 台湾説があったけれど東京らしい:-)
      • さすがに、オリンピックの影響は春にはないと思うんだよね〜
  • 2021
    • 海外開催を考えているらしいです
  • スポンサーは、つねに募集中